大豆イソフラボン

大豆製品から摂取できる「大豆イソフラボン」

大豆イソフラボンは植物性ポリフェノールの一種で、その名の通り大豆に多く含まれています。

年を重ねるとエストロゲン(女性ホルモンの一つ)の分泌量が減少するため、更年期障害が起きやすくなりますが、この大豆イソフラボンを摂取することによって、更年期障害を緩和することできます。

いろいろな大豆製品からこの大豆イソフラボンを摂取することができ、例えば豆乳、きなこ、納豆などが挙げられます。女性ホルモンに作用することが判明したため、バストアップにも効果的といわれるようになり、それからサプリメントなどの商品に配合されるようになりました。

大豆イソフラボンを含んだバストアップサプリは、エストロゲンに作用するためプエラリアと同様、生理開始から約2週間飲むと効果的と言われています。

妊娠中の女性は普段の食事からこの成分を摂取する分には特に問題はありませんが、サプリメントなどの健康補助食品からさらに摂るのはあまりおすすめされていません。妊婦以外の人でもこの成分を摂りすぎると、エストロゲンの作用をするため、女性ホルモンのバランスを崩してしまいエストロゲン優勢(もう一つの女性ホルモンのプロゲステロンとの割合が通常よりも多くなってしまう状態)になり、様々な悪影響が体に現れることがあります。

くれぐれも摂りすぎには注意が必要です。

参考までにですが、大豆イソフラボンの一日の摂取量の上限は70〜75mgとされています。 これは、豆腐であればおよそ1丁ほどと考えておけば良いでしょう。
サプリメントなどでの一日の摂取量は30mgまでが望ましいです。

大豆イソフラボンで胸が大きくなる仕組み

大豆イソフラボンが女性ホルモンに作用するとは説明しましたが、ここで具体的にどのような作用で胸が大きくなるのか説明しましょう。 通常、エストロゲンは乳腺細胞の細胞膜にあるエストロゲン受容体とひっつくことにより、増殖を促します。 ところが、大豆イソフラボンは、このエストロゲンと分子構造がほぼ同じなのです。

これにより、イソフラボンがエストロゲン受容体と引っ付くことにより、エストロゲンと同様の働きをするのです。

イソフラボンがエストロゲンの代わりに受容体と引っ付きエストロゲン同様の作用をおこします

大豆イソフラボンは髪にも良く男性の薄毛対策の期待も

大豆イソフラボンの効果は女性ホルモンへの働きかけだけではなく、特に抜け毛にも良いとされています。 これはエストロゲン作用が髪を抜けにくく、脱毛酵素の働きを抑制する働きをするからです。

当然ながら、これだけでは髪はふえませんが、発毛剤や育毛剤との併用は非常に効果が高いと男性からもイソフラボンは支持を受けています。
イソフラボンが脱毛酵素の働きを抑制。育毛剤との併用が効果的と男性に人気

女性ホルモンの乱れからくるニキビにも効果あり

ニキビの原因にはアクネ菌の増殖、皮脂過多、髪の毛などの外的刺激、そして化粧水などのトラブルなどがあげられます。 その中で、若い女性を悩ますニキビ原因の一つに女性ホルモンの乱れが挙げられます。

一般的なニキビケア商品はアクネ菌を殺菌するという働きのものがほとんどです。しかしこの場合、ホルモンの乱れからくるニキビに関しては効果がありません。
ニキビケア商品で治らないニキビは女性ホルモンの乱れが原因の可能性が高いです。その際には大豆イソフラボンの摂取が効果的でしょう。
ニキビケア商品で治らないニキビは女性ホルモンの乱れが原因かもそんな時は大豆イソフラボンが効果的


次の成分をチェックする! ⇒ ワイルドヤム