バストが大きくならない要因

乳房が何で大きくならないのか・・・その要因は?

カフェインの摂り過ぎ

カフェインが大量に含まれる紅茶やコーヒーは毎日たくさん飲みすぎるとバストアップに支障をきたす可能性があります。その理由とはカフェインは「リパーゼ」という脂肪分解酵素を活性化させる働きがあり、脂肪を燃焼させてしまうからです。バストは脂肪の塊なので、コーヒーなどをあまりに多く飲みすぎるとバストアップに繋がらないことがあります。

冷え性

女性は男性に比べ、冷え性になりやすいと言われています。この冷え性も豊胸には大敵です。喫煙は、冷え性の原因となるので吸いすぎに注意しましょう。冷え性の方は、冬に厚着をしたり辛いものを食べるなどして体が冷えないようにしましょう。

ブラ

自分の体に合っていない小さすぎるブラだと締め付けが発生し、猫背になりやすくなり、筋肉が発達しないことがあります。背筋や胸にある大胸筋がある程度発達していないと豊胸がうまくいきません。また、寝ている時にブラジャーをしっかりとすることは、バストアップに不可欠な要素です。体のサイズにマッチしていないブラが原因で胸が大きくならないことがあるのです。また、ブラをしていないとバストの脂肪が脇や背中、お腹に流れ、バストに脂肪がとどまらないことがあります。


乳房を大きくしてくれるのは女性ホルモンが分泌され、乳腺を刺激してくれるからです。 ⇒ 女性ホルモンについて