乳首の悩み

乳首の悩み?バストサイズの悩み?

バストサイズに悩みを抱えている人はたくさんいると思いますが、乳首の色にコンプレックスを持っている人も多く見受けられます。

乳首の色はもともとの肌の色(メラニン色素の数)などで個人差がありますが、いろいろな要因でこの色は変化します。例えば、生理中や妊娠中、または出産後などで女性ホルモンが働くことによって、メラニン色素がたくさん作られ、乳首の色が濃くなったりもします。

授乳中に視力の弱い赤ちゃんがちゃんと乳首を探せるように身体が自然と反応し乳首の色を濃くする、といった説もあります。このように一度色が定着してしまうと、自然と戻ることはほとんど無いと言われています。女性ホルモンの分泌が落ち着くことによって、乳首の色も薄くなったという人も稀にいますが、ケアをしない限りほとんど戻らないと思っていいでしょう。

乳首の色をまた元に戻す一般的な方法としては美白クリームを使用することです。乳首は他の皮膚に比べて皮膚が厚く、クリームをただ塗って放置するだけでは浸透しにくい箇所と言われています。そこ、クリームを塗り、その上にラップを適当な大きさに切り覆うことで、クリームをより効果的に浸透させることが可能となります。

この美白クリームに含まれている成分としては、有名なものでハイドロキノンやトレチノインがあります。こうした漂白成分は強力なものが多いので、肌荒れが起こる可能性もあるので病院に処方してもらうのが良いと思います。

先ほどのラップを貼る方法でも乳首以外のところについて肌が炎症を起こし、茶色く変色してしまったという方もいます。こうしたことは無いようにこのラップ方法を使用するのであれば、乳首よりも少し小さめに貼るのがコツです。また、体の外側からだけでなく、体の内側からもアプローチするため、ビタミンC などを摂ると美白に効果的と言われています。

次は色々なバストアップ方法について見てみましょう。 ⇒ バストアップ 方法