バストについて

バストの構成組織

バストアップをするためにバストの基本的な構造を押さえておきましょう。

バストは乳腺、脂肪組織、クーパー靭帯という繊維の束で構成されています。バストは10%の乳腺と90%の脂肪から成り立っています。このうち脂肪は、バストの大きさや柔らかさ、形に影響します。乳腺を大きくする方法はいろいろありますが、恋愛をするのがいい、という説があります。というのも恋愛をすることで女性ホルモンが通常よりも多く分泌されることが証明されているからです。

バストが小さい人はその大きさに悩みを抱えていますが、大きい人は形やハリで悩みを抱えています。というのも歳を重ねるごとにバストが垂れてくるからです。この垂れるといった現象は、クーパー靭帯が伸びたり切れたりすることによって引き起こされます。若いうちに連日激しい運動したり、ブラをつけないで生活をしているとクーパー靭帯が劣化し、徐々にバストの位置が下がり、乳房自体が下垂れしてしまうことがあります。こういったことに対応するためにコラーゲンの含まれるバストアップサプリを摂ることでバストのハリを取り戻したり、クーパー靭帯を強化すると良いでしょう。

クーパー靭帯は一度切れると自然には元に戻りません。また、乳腺の数が多く、大胸筋(胸の筋肉)バストの間に脂肪が少ないと、大胸筋がしっかりとバストを支えてくれるので形を維持しやすいと言われています。

バストの基本構造の次はどうやって胸が大きくなるのか、そのメカニズムについて見てみましょう。
⇒ バストアップ メカニズム